基金の概要

沿革

草の根市民基金・ぐらんは、1993年、生活クラブ生活協同組合・東京によって設立されました。
1989年、生活クラブ生活協同組合が、「もうひとつのノーベル賞」として知られる「ライト・ライブリフッド賞」を受賞したことを契機に、国際化・巨大化・複雑化している社会的諸問題や、多様な市民のまちづくりを応援するための助成活動を開始したのがはじまりです。

運営団体

草の根市民基金・ぐらんの運営は「わたしたち自身で身近な地域をより良くすることを目指して活動している」認定NPO法人まちぽっとが行っています。

認定NPO法人まちぽっと

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501号室
TEL:03-5941-7948
FAX:03-3200-9250
職安通り鬼王神社交差点 南西角3軒目
大江戸線東新宿駅 徒歩3分
JR新宿駅 徒歩15分
西武新宿駅 徒歩5分
新宿大久保駅 徒歩13分
新大久保 徒歩13分
認定NPO法人まちぽっと ウェブサイト

助成金の申請について

総額 300万円の助成を行います。 1団体に対する助成の上限は50 万円です。
一般の財団などが行う助成事業では、助成金の使途に制約があり、使いづらいというケースが少なくありません。 一方、「ぐらん」では、使途の自由を広く認めています。
選考において「どのような事業を行うか」を重要視するので、実績のない団体やこれから事業をスタートしようとする団体でもチャンスがあります。また、選考会を公開することで、寄付をした市民が選考過程に参加し、透明性の高い公正な選考を実現しています。
今年度も公募がスタートしています。ふるってご応募ください!

今年度予算

年度別実績

助成概要

過去の助成団体

運営委員

草の根市民基金・ぐらんには、NPO まちぽっとから委任を受けた「草の根市民基金・ぐらん運営委員会」があります。年に4回委員会を開催しぐらんの活動企画や助成に関してみんなで決めていきます。運営委員会のメンバーは、まちぽっとから1 名と、様々な市民活動を実践している8 名に加え、NGO やNPO の専門家3 名の、合計12 名によって構成されています。
助成先の選考にあたっては、寄付者の中から選考委員を募り、運営委員とともに選考を行っています。今後も透明性のある、多くの皆さまに開かれた運営を行なっていきます。

土谷 雅美(運営委員長)
生活クラブ生活協同組合・東京 理事長
ぐらんは生活クラブ生協が始めた基金です。財源の多くは今も生活クラブの組合員が毎月寄付をしてくれています。助成の審査会や交流会にも参加し、寄付者(市民)と助成団体の顔の見える関係は、ぐらんの特徴とも言えると思います。助成した団体とは連携した活動につながることもあり、まちづくりを考える心強い仲間としての存在でもあります。今後も市民活動の最初の1歩を応援していきます。
奥田 雅子(副委員長)
草の根市民基金が立ち上がった1994年から面白そうな活動と興味をもっていました。その後、2006年から11年間、副運営委員長を務めました。ぐらんが今のカタチになるときも、15周年の記念出版「市民ファンドが社会を変える」の一部執筆も担当させていただくなど、ぐらんとは長いつきあいです。活動を通して、様々な団体や活動に出会えたことは私の財産になっています。しばらく運営から離れていましたが、再び運営委員に返り咲きです。社会の問題を解決しようと活動している市民活動や事業を市民からの小さな寄付を集めて応援するこのユニークな助成事業を今後も維持発展させていけるよう力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
高田 幸詩朗
NPO法人 JAFSA 事務局長
草の根基金運営委員になってずいぶんな時間が経過したように思います。Grand(ぐらん)には「大きな」という意味と草の根(Grassroots)の最初の3文字Graを掛けてありますが、毎年テーマに応じた助成先団体が決定し、小さな種が 大きく芽を開いていくことに喜びを感じています。 運営委員として、文字通り基金自体が時代にあった活動ができるようサポートができればと思っています。
牧田 東一
桜美林大学国際学部 教授
運営委員を務めて、数年になります。主として、アジア助成について皆さんと一緒に考えてきました。草の根市民基金・ぐらんの公開選考というシステムは素晴らしいと思いますし、これまで基金を支えてきた寄付者の方々の気持ちはとても大切だと思っています。 いつも元気な生活クラブの皆さんと基金の運営に関わることは、とても楽しいことです。
高橋 亮介
東京ワーカーズ・コレクティブ協同組合
「ぐらん運営委員となって今年で3年目となりました。新しい発見や気付きばかりでいつも新鮮で驚かされています。3年目となってもっともっと深く関わっていきたいと思っています」
山木 きょう子
NPO法人ACT理事
NPO法人ACTの理事でぐらんの担当として、3年前から運営委員になりました。 ぐらんの助成金には毎回色々な団体が応募されてきて、その年それぞれの傾向があり社会状況を反映しています。 私はこれまでも長年市民活動を行ってきましたが、また分野の違う団体を知ることができてとても勉強になります。 そういう人々とつながり、社会の課題を発信していくことが必要だと思います。 この助成金がきっかけで個人や団体が発展していけるのは素晴らしいことだと、 運営委員としてのやりがいと責任を感じています。
市橋 綾子
東京・生活者ネットワーク
ぐらんの「すごい!」ところは、公開選考会で寄付をした人の意思表示の場(シール投票)があること。助成金がどう生かされたのかを寄付した人が知る場(報告会)もあること。一方、「応援してくれる人の顔が見えて励みになる」という助成団体からの声がうれしいです。95年から助成が始まったぐらんの認知度を高め、寄付する人を増やしたい!ぐらんを利用して活動する団体も増やし、暮らしやすい社会をつくるお手伝いをしたいと考えています。
相原 光子
寄付者推薦枠
ぐらんに関わったとき「コレだ!」と思ったのが「初めの一歩」という言葉。 地域の中で活動を始めたい人たちを、市民が月一人100円から応援する仕組みづくりに魅せられ ました。 自分達で仕事を作り、保護に頼らず生きていくため回収用の車を買う費用を申請したグループが壇上に 一人の話し手以外の方たちが作業服姿でただ黙って立たれたときには「応援しなくちゃ」との思いで眼がかすんでしまいました。 一人でも多くの方たちにぐらんを知って応援の輪に加わってもらいたい。応募して活動の輪を広げてもらいたい。 ひとりの思いをつなげておおぜいの活動を創っていきたいです。
木村 はるみ
寄付者推薦枠
生活クラブの組合員です。 地元で区民センターの協議会委員、環境団体、消費団体などに所属し幅広い活動をしています。 世の中にはいろいろな活動をされている団体もあるのだと驚いています。 そして選ばれた団体が基金を有効に使っていただき、さらなる活動の1歩となり、活躍をしていただくよう願っています。
山科 凉子
寄付者推薦枠
小金井市に住み続けて40年、生活クラブ歴30年。消費材のファンから始まり、人と人とのつながり,助け合いの大切さに目覚めて、コミュニティづくりや「まちの縁がわ」づくりなどの地域活動を続けております。一人では生きられないけれど、最後はひとりになることを覚悟しつつ、誰もが暮らしやす く安心して暮らしていける環境づくりを支援するぐらんの活動に関われることをありがたく思っています。
水野 民恵
寄付者推薦枠
ぐらんの公開選考会への参加が きっかけとなり運営委員になりました。 市民活動は初めてですが、今後も勉強を続けていきたいと思っています。
山口 ミツ子
寄付者推薦枠
たかが100円! されど100円!! 皆さんは、支払った税金や寄付のお金がどのように使われているか!実感はありますか。一口100円からの※『草の根市民基金』は、市民の活動を市民が支える画期的な寄付のしくみです。その審査方法は、運営側の委員だけでなく、誰でもが選考会に参加でき、自分の寄付金が活動している人々に確実に届くことを、その場で見届けることができるのです。実に面白い!私はこの草の根活動に感銘を受け、運営委員を続けています。 ※生活クラブ生協会員になると一口100円からの継続寄付を選ぶことができます。
朝倉 順子
寄付者推薦枠

書籍のご案内

表紙

本書は、“ぐらん”が構想を含めて15年以上たった2009年に発行しました。
今のようにクラウドファンディングなどなかった頃に、ぐらんの仕組みはどうやって生まれたのか、助成を受けたNPOなどの団体はどう成長したのか、手づくりファンドの熱い物語です。
地域社会を良くしたい、参加型社会活動に関心のある方、NPO研究されている方などに。
価格:1,600円

インターネットで注文する(ぐらん事務局NPOまちぽっとサイトへ移動)

最新ニュース

お知らせ

2017年度草の根助成応募受付は終了しました

公開選考会 助成金
お知らせ

2017年度草の根助成申請受付は締切ました

助成
レポート

【ぐらん共催イベントリポート】すべての子どもたちが社会全体から愛され育つ社会へ

3keys アピュイ インクルーシブ 生活クラブ
お知らせ

【再掲】2017年度草の根助成の説明会が11/6(月)にあります。

助成
もっと見る