2018年度実績

東京都内草の根助成

NPO法人チャイボラ
社会的養護下における施設の見学会・ 就職セミナー等の情報サイトの立ち上げ・運営
全国の児童養護施設をはじめとした社会的養護施設が実施する見学会や就職説明会、その他イベント情報をとりまめたサイトを制作し、施設に関心ある人と施設の接点を高め、働き手を増やしたい。
助成額:50万円
一般社団法人東京TSネット
①更正支援コーディネート(ケース支援)、②連続セミナー、事例検討会(啓発活動・教育)
①更正支援コーディネート(ケース支援)
障がいなどにより福祉的な支援が必要と思われる被疑者、被告人に対する支援
②連続セミナー、事例検討会(啓発活動・教育)
定期的に講師を呼んでの連続セミナーと事例検討会を開催。
助成額:50万円
NPO法人楽の会 リーラ
不登校・ひきこもり発達障害等生きづらさサポータ養成講座事業
不登校・ひきこもり発達障害等生きづらさサポータ養成講座事業
当会をはじめ、東京都内にあるひきこもり等の家族と連携して不登校・発達障害等の生きづらさを抱えたご本人とそ家族に寄り添い、相談・居場所づくり等の活動を行うサポーター養成の実施
助成額:46.28万円
一般社団法人キャンサーペアレンツ
がんになった親と子に向けた「えほんプロジェクト」
親としてがんを罹患した経験を生かし、同じ立場にある親子向けの絵本の製作を手がける全国初のプロジェクト。様々な親子のシチュエーションを想定しバリエーション豊かな絵本の執筆、シリーズ化をめざす。
助成額:50万円
記事を見る
寄り添いを考える会
食を通じた不登校生の安心安全な居場所づくり
不登校選択せざるを 得なかった児童生徒の皆さんに、食を通じた安心安全な居場所を作り、自分で食事を作れる自立を促し、仲間づくり、自尊心を育む。適正者には就労支援も行う
助成額:50万円

アジア草の根助成

本年度助成

NPO法人ホープフル・タッチ
カンボジアにおける水上コミュニティにおける持続可能な教育アクセスの改善
カンボジア・コンポンチュナン州に位置する脆弱性の高い水上コミュニティにおける教育への関心を高め、子どもの継続的就学を促進する事業。
1.通学船の運行(非就学の生徒のアクセスを確保)、
2.学校主催家族イベントの実施(学習成果発表により保護者が教育の重要性を意識)、
3.教師へのトレーニング(教師のモチベーション維持と教育の質向上)を実施する。
助成額:50万円
NPO法人
アクセプト・
インターナショナル
インドネシア、テロと紛争の平和的解決
インドネシアにおける元テロリストを対象とした脱過激派・積極的社会復帰プロジェクト
釈放された元テロ組織メンバー約50名を対象に対話を通じた再過激派化防止の取り組みを行う。日本人専門家によるカウンセリングセッション実施。
助成額:49.2万円

継続助成

NPO法人オンザロード
児童への飲食提供による、地元住民雇用からの女性支援活動
NPOオンザロードは、世界各国で経済的・社会的な理由により学校に通えない子どもたちのためにフリースクールを作ることから始まった。2008年にインド・バラナシにて「マザーベイビースクール」を建設。学校のあるガンジス川対岸のラームナガルという町は、貧困層が多い地域です。最貧困層の子どもたちは、食事が摂れなかったり摂れても偏りがあったり亡くなったりしている。資金不足のため現在できていない給食提供を地元女性を雇用することにより実施、経済・雇用・就学面での相乗効果を期待する。
助成額:50万円
記事を見る

その他

原則アジア助成は新規1、継続1、合計2団体ですが、2018年度アジア助成は新規2、継続1、合計3団体となっています。

最新ニュース

レポート

2018年度アジア継続助成が決まりました!ーNPO法人オン・ザ・ロード

アジア インド マザーベイビースクール 子ども
レポート

2018年度助成団体を紹介します【都内:一般社団法人キャンサーペアレンツ】

がん 公開選考会 医療 子ども 社会的企業 都内
レポート

2018年度助成団体を紹介します【アジア:NPO法人ホープフル・タッチ】

アジア アジア草の根助成 カンボジア 公開選考会
レポート

2018年度草の根助成が決定しました

公開選考会 市民活動 生活クラブ
もっと見る