ぐらんへの応援メッセージをいただきました!ー特定非営利活動法人てのひらより

特定非営利活動法てのひらは、2004年から日本に移住労働に来る外国籍女性をターゲットにした人身売買や、その延長線にあるDV被害等を社会に知らせる活動を行っている団体です。

定期的にタイへスタディ訪問をする中で、人身売買被害に遭った後、タイへ帰国した女性グループを訪問する機会があり、そのときに日タイ国際児(以下TJC)に出会いました。

TJCとは、人身売買に遭ったタイ女性と日本男性との間に生まれ、母親と共にタイに帰国した子どもたちです。

北タイでTJCの支援をする「TJCセンター」のご協力のもと、2008年から毎年タイにて写真を用いたワークショップを実施してきましたが、よりTJCのエンパワメントに繋がることをしたいと考え、「自分たちが主役となるアートを創るTJCプロジェクト」を企画しました。その際にぐらんの助成の存在を知りました。

子どもたちのエンパワメントという、目に見えない目標を掲げたこのプロジェクトは、助成を頂くのは困難かもしれないと考えましたが、皆様が熱心にプレゼンテーションを聞いて下さり、アジア助成に選んで下さった事に驚きと感動を覚えました。皆様に力強く背中を押して頂き2年間の助成を頂き、プロジェクトは最終的にショートムービーという形にすることが出来ました。

TJCが目を輝かせながら自分たちの映画に見入る姿に、そして未来に向けて前向きな気持ちになったと語ってくれた際に、支えて下さったぐらん助成の存在の大きさを感じました。翌年にはTJCの2人を日本に招聘し講演会を開催することもできました。今後もTJCに寄り添った関わりを続けていきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

ツイートする

最新ニュース

お知らせ

寄り添いを考える会から『不登校生食堂』体験教室 開催のお知らせ

レポート

2019年度草の根集会を開催しました

お知らせ

一般社団法人キャンサーペアレンツから『ママのバレッタ』原画展開催のお知らせ

がん 助成 医療
お知らせ

2019年度草の根交流集会、いよいよ一週間後です! 参加費無料

アクセプト アジア キャンサーペアレンツ バングラデシュ ボランティア 交流会 助成金 寄り添いを考える会 市民活動 楽の会リーラ 都内
もっと見る