『もったいない切手』活用しています

今日は、関係する団体から切手をご購入いただきました。そこで『もったいない切手』BOXをごそごそ探していたら、見たことのない切手が出てきました。

「昭和22年11 切手趣味の週間記念」、もうひとつは「国立公園郵便切手伊勢志摩1953」です。昭和22年といえば、戦後まもなくですね。一方、1953年につくられた切手はそれよりもやや厚めの紙に、線数の細かい印刷がなされています。きっと、当時は貴重なご家族の財産だったかもしれません。ご寄付くださった方のご家族の歴史にも思いを馳せてしまいました。時代を経て、既に使われるあてがなくなった切手はぐらんを通して再び社会で活用されていきます。

もしお手元に未使用の切手がありましたら、ぜひ、ご寄贈いただけますようお願いします!

送り先は認定NPO法人まちぽっとまで。

ツイートする

最新ニュース

お知らせ

2018年度草の根 報告・座談会リポート

アジア 交流会 助成 団体 生活クラブ
コラム

寄付者物語_甲斐田 万智子さん(子どもの権利を守る活動実践者)

advocacy C-Rights SDGs 子ども 寄付者物語 市民活動
お知らせ

文京区地域協議会/草の根市民基金・ぐらん 共催企画報告

pieces アピュイ 地域 子ども
コラム

助成団体物語_NPO法人 高麗博物館 韓流(現、韓流文化研究会)(2014年助成)遠藤久美子さん、吉永香代子さんインタビュー

助成 女性 市民 韓国
もっと見る