アジア継続助成団体を決定しました

2020年3月、運営委員による2019年度アジア継続助成の審査が行われ、2団体の継続助成が決定しました。

 

例年は運営委員会の場で直接プレゼンテーションをしていただきますが、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、書類審査となりました。

継続助成が決定したのは

特定非営利活動法人 ホープフル・タッチ

特定非営利活動法人 アクセプト・インターナショナル

の2団体。

どちらの団体も、救いの手が届きにくい地域の課題に向き合い、そこに暮らす人々に寄り添いながら支援・活動を行ってくださいました。

 

2020年度は、これまでの活動を継続しつつ、2019年度の活動から見えてきた新しい課題に取り組んでいかれる予定です。2団体のさらなる活動の発展をぐらんは応援しています。

 

【特定非営利活動法人 ホープフル・タッチ】

活動・事業名:カンボジア水上コミュニティにおける持続可能な教育アクセスの改善

2019年度活動レポート

2019年度の主な成果:①250 名の生徒がドロップアウトせず定期的に就学、②7 名の教師が離職せず継続的に指導、③96 %の生徒・保護者が継続的な教育の必要性(少なくとも初期中等教育修了)を感じた、④100 %の教師の指導動機が高まった

2020年度の活動予定:①学内植物栽培、②生徒・教師へのライフスキルトレーニング

団体HPはこちら

 

【特定非営利活動法人 ホープフル・タッチ】

活動・事業名:インドネシアにおける元テロリストを対象とした脱過激化・積極的社会復帰プロジェクト

2019年度活動レポート

2019年度の主な成果:①元・暴力的過激主義者の脱過激化及び再過激化予防、②元・暴力的過激主義者の社会復帰、③インドネシアにおける現地体制の初期的な構築

2020年度の活動予定:①参加者の経済・社会的自立へ向けた支援の拡充、②ステークホルダーマップを作成しての援助協調の実施、③現地NGO・LKLKの能力構築

団体HPはこちら

 

ツイートする

最新ニュース

レポート

2019年度アジア草の根助成、NPO法人Stand with Syria Japanの活動報告を紹介します!

アジア アドボカシー シリア
イベント

「草の根市民基金・ぐらん」助成団体との交流・学習会のご案内

更生 生活困窮者 福祉 障害
レポート

2019年度都内草の根助成、認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークの活動報告を紹介します!

在日外国人 子ども 支援 食物アレルギー
レポート

「草の根市民基金・ぐらん」助成団体との第1回交流学習会を開催しました

児童養護施設 助成 子ども 生活クラブ 都内草の根助成
もっと見る