2016年度ぐらん助成団体発表

2017年2月25日(土)に開催された公開選考会で、2016年度の助成団体が決定しました。おめでとうございます。

公開審査はライブのようなもので、書類選考時は地味な印象だったのが当日発表される方が明るく話が面白かったので、予想を超えて投票が集まったりと、評価が変わることもあります。皆様の、活動に対する熱意やプレゼンすることの緊張などを生で感じることができます。

今回残念な結果の団体様もぜひまたチャレンジをお待ちしております!

受賞団体と、団体の活動概要は以下のとおりです(得点順)。

結果発表

【都内団体】
◎SIAb.(Survivors of Incestuous Abuse)◎
近親姦虐待被害当事者ピアサポートを目的としている。
これまで、当事者同士が語り合う場を提供、webでの情報発信、メディア取材対応をしてきた。

◎フードバンク 狛江◎
食べられるのに廃棄される家庭の食品を集め、地域の困窮世帯へ食の支援を目的とする。現在まで70世帯以上170回以上食品の支援を行った。

◎ST@キッズフェスタ◎
重度重複障害のある子どもへの遊びを通した発達とコミュニケーション支援を目的とする。言語聴覚士の団体として工夫された玩具の体験会を行う、コミュニケーションのとり方情報提供。

◎Colabo◎
社会的孤立や経済的困窮状態にある10代の少女への相談、支援事業を行い、困難を抱える人が健康で文化的な生活を送ることができる社会を創造することを目的とする。相談、地域巡回、サイバー巡回、居場所づくり、自立支援、就労支援、支援者養成講座を実施。

◎子育て応援チームすこっぷ◎
子育て、親育ちを応援する参加型ひろばを運営している。
常設ひろばとして5年間運営してきた実績により世田谷区のおでかけひろばとして誰もが利用できるようになった。

◎BEING DOING◎
ホームレス状態を余儀なくされる方、生活困窮者、社会的孤立状態にある方の生活再建、地域参入を支援。
ホームレス問題の調査研究、政策提言、啓蒙活動、就労支援、パーソナルサポート付個室シェルター運営を実施した。

◎POSSE◎
若者の雇用環境や労働条件の改善、貧困の是正、地域社会における協同の促進に寄与することを目的とする。多くの若者からの労働・生活相談への対応、救済をしてきた。

【アジア団体】
◎小さな美術スクール◎
指導費教材費無料で、美術と日本語を学ぶ機会と環境を提供することを目的とする。2015年生徒数は400名。

ツイートする

最新ニュース

お知らせ

2018年度草の根 報告・座談会リポート

アジア 交流会 助成 団体 生活クラブ
コラム

寄付者物語_甲斐田 万智子さん(子どもの権利を守る活動実践者)

advocacy C-Rights SDGs 子ども 寄付者物語 市民活動
お知らせ

文京区地域協議会/草の根市民基金・ぐらん 共催企画報告

pieces アピュイ 地域 子ども
コラム

助成団体物語_NPO法人 高麗博物館 韓流(現、韓流文化研究会)(2014年助成)遠藤久美子さん、吉永香代子さんインタビュー

助成 女性 市民 韓国
もっと見る