どこで生まれても、どんなところで育っても 「君たちみんな輝いてほしいから!」【文京区地域協議会/草の根市民基金・ぐらん 共催企画】

虐待、不登校、引きこもり、両親の離婚、病気などさまざまな理由で子どもの成長に必要なサポートを十分に家庭や学校、社会から受けられない子どもたち。このような子どもたちの健やかな育ちを支える活動をしている、草の根市民基金・ぐらん助成団体を招いてサポートの様子をお聞きします。我が子だけでなく、生まれてきた子どもたちがみんな健やかに育ってほしい! 子どもを取りまく環境を一緒に考えてみませんか。

NPO法人PIECESの活動より

NPO法人アピュイの活動より

【日時】 2018年10月15日(月)10:00~11:30(受付9:45) 

【場所】 シビックセンター5階 区民会議室AB

文京区春日 1-16-21    参加希望の方は直接会場へ

※同室の託児ですがご希望の方は10/5までに板橋センター(03-3965-0010)まで。エッコロ加入者は無料、未加入者800円

 

【参加団体】

NPO法人アピュイ

平成26年に設立したNPO法人アピュイは、発達の特性や、家庭の事情などで学習に躓いている子どもたちに学習支援を行うボランティア活動から始まりました。

平成29年4月に、東京都の指定事業である児童発達支援・放課後等デイサービス「発達相談支援センターころのあ」を開業し、地域の発達に特性のある未就学から高校生までの子どもたちを対象にした学習支援、コミュニケーション支援や、保育所等訪問支援事業、保護者の相談、勉強会等を、専門家のスタッフを中心に行っています。同年10月には「こども宿題カフェみなのは」を立ち上げ、地域の子どもたちの宿題の手伝いや、不登校の子どもたちの居場所づくりを行っています。また、今年7月から月に1回、まだ公に宣伝していませんが「だれでも食堂」を始めました。子どもたちの育つ環境には厳しい状況もありますが、1人1人が大切にされる社会を目指して支援していきたいと思っています。

NPO法人PIECES

NPO法人PIECESは、貧困や虐待、不登校などといった課題を抱え、孤立した子達の支援を行っています。
生まれた環境や特性にかかわらず、子どもたちが権利と尊厳を持ち、子どもが本来持っている力を発揮できる社会を目指しています。
すべての子どもが権利と尊厳をもって社会に生きていくためには、子どもの育ちが、家族や専門家、行政など限られた人たちだけでなく、多様な人とのつながりの中で支えられることが必要であると考えています。
そうしたつながりを作る支援者「コミュニティユースワーカー」を育成し、子ども達に寄り添い、多様な繋がりを届ける仕組みを作っています。
現在、東京都豊島区で中学生、高校生から若者まで幅広く支援しています。
学習支援、居場所作りだけでなくゲーム会社と連携したゲームを作る場や、子どもたちの進路や就職のサポートまで行う場も作っています。今後、文京区でコミュニティユースワーカー育成プログラムを展開する予定です。
ツイートする

最新ニュース

お知らせ

文京区地域協議会/草の根市民基金・ぐらん 共催企画報告

pieces アピュイ 地域 子ども
コラム

助成団体物語_NPO法人 高麗博物館 韓流(現、韓流文化研究会)(2014年助成)遠藤久美子さん、吉永香代子さんインタビュー

助成 女性 市民 韓国
お知らせ

2018年度草の根助成公募は終了しました

アジア草の根助成 助成 助成金 団体 市民
お知らせ

2018年度草の根助成申請を締め切りました

アジア草の根助成 助成 助成金 団体 市民
もっと見る