2017年度助成団体を紹介します!―NPO法人 芸術家と子どもたち

「芸術家と子どもたち」は1999年に発足、2001年からNPO法人として活動を行っています。私たちが取り組んでいるのは、現代アーティストと、いまを生きる子どもたちが出会う「場づくり」です。この出会いの場が、子どもたちにとっては潜在的な力を存分に発揮し伸ばす機会、アーティストにとっては子どもたちと関わり、新たな表現を探る機会になると考え活動を続けています。

主な活動は、プロの現代アーティストが小・中学校や保育園、児童養護施設等へ出かけていき、先生や施設職員と協力しながらワークショップ型の授業等を実施する活動『ASIAS(=Artist’s Studio In A School:エイジアス)』です。2000年~2017年3月までに861校・園・施設にて実施し、約37,600人の子どもたちが参加しました。

今回の助成を受けて実施する事業では、アーティストを児童養護施設に派遣し、当団体コーディネーターが、施設とアーティストの間に立って丁寧に調整しながらワークショップを企画します。定期的・継続的にアーティストと一緒に楽しく身体あそび、表現あそびをする中で、他者とのふれあいの心地良さを体験したり、自分を表現し、それが周りの人に認められることで「自分が自分であっていい」という気持ちを回復したり、友だちの表現の良さに気づき認めたり、といった相互の関わり合いと体験を積み重ねる場をつくることで、虐待等により傷ついた子どもたちの心の回復と、育ちを支援します。

頂戴したご寄付を大切に活用して、子どもたちにアートを届けていきます。この度の皆様のご支援に、心より感謝申し上げます。

ツイートする

最新ニュース

レポート

「草の根市民基金・ぐらん」助成団体との第1回交流学習会を開催しました

児童養護施設 助成 子ども 生活クラブ 都内草の根助成
レポート

2019年度都内草の根助成、特定非営利活動法人Linoの活動報告を紹介します!

助成金 子ども 生活クラブ 障害
お知らせ

2020年度草の根助成申請は締切11/2(月)で締切ました

アジア草の根助成 寄付 生活クラブ 都内草の根助成
レポート

2019年度都内草の根助成、非営利型一般社団法人日本福祉環境整備機構の活動報告を紹介します!

コミュニティカフェ メンタルケア 地域 板橋区 都内草の根助成 障害
もっと見る