2017年度草の根助成の書類選考が行われました

12月15日(土)午後13:00から第三回運営委員会と、書類選考会が新宿の認定NPO法人まちぽっとで行われました。

今年度は、都内枠に33団体、アジア枠に13団体、合計46団体からの応募がありました。

皆様からの熱意のこもった応募書類は、11月末に事務局から運営委員にコピーを送り、書類選考会当日までに熟読して選考する、というスタイルです。
ぐらんが掲げる、社会貢献・自主性・非営利・公開原則と照らし合わせてどうなのか、今日的課題として緊急性は?、その活動は地域のためになっているのだろうか?など、活発な議論を経て、都内枠12団体とアジア枠3団体が2018年の公開選考会に進むことが決まりました。今週中には、応募されたそれぞれの団体へ結果を通知致しますので今しばらくお待ちください。

また、併せての第三回運営委員会では、さまざまな議題がある中で、最も多く議論したのは、ぐらんのことをもっとアピールしていかなくてはならない、ということでした。

ぐらんは、あらゆる分野、多様な団体(法人格の有無も問いません)に対して開かれた助成で特に活動のスタートアップを支援しています。また、応募書類も比較的平易で、たちあげたばかりの団体でも応募しやすい書式という応募しやすい助成基金と自負しています。

これからもぐらんは、草の根助成を継続し、団体の活動をとおして地域を良くしていきたいと考えています。ぜひ、ご寄付もったいないキャンペーンへのご支援をどうぞ宜しくお願い致します!

ツイートする

最新ニュース

お知らせ

2015年度助成団体『がんノート』TV CMに!

Days1 生きるためのがん保険
コラム

寄付者物語_湯口 裕さん(市民活動実践者)

ひの市民活動団体連絡会 夢ふうせん 寄付者物語 市民活動 福祉カフェテリア
コラム

3つの助成団体によるフェアトレード展示販売は明日まで!

アジア草の根助成 寄付者 市民
お知らせ

「草の根市民基金・ぐらん」2018年度交流集会

Colabo 地域 子ども 生活困窮者 近親姦虐待
もっと見る